MENU

宮崎のグランピング施設を4つ紹介!【日南、内海】

宮崎,グランピング

宮崎でグランピングをするならどこが良いかな?

こんな疑問に答えます。

宮崎には4箇所でグランピングを体験できる施設があります。施設によって立地が違いますし、違った楽しみがあるはずです。気になる施設をチェックしていきましょう!

目次

宮崎のグランピング施設4つ紹介

グランピング イン カームラナイハーバー(宮崎県:日南市)

グランピング イン カームラナイハーバー
引用:https://glamping.lcs-izakaya.com/

多彩なマリンスポーツを楽しめるグランピング施設です。SUPやシーカヤックを無料で貸し出しており、有料で釣りを体験できます。

クルージングのプランもあり、大型クルーザー「まる丸」にのって近海を1時間クルージング&飲み放題付きのプランを楽しめます!クルーザーの最大収容人数は5人、船内はエアコン完備で、快適に過ごせます。

名所グランピングinカームラナイハーバー
住所〒887-0015宮崎県日南市平野8338-2
TEL0987-21-1887(8:00~17:00)
アクセスJR日南線 油津駅よりお車にて8分

STELLA SPORTS(宮崎県:児湯郡)

STELLA SPORTS
引用:https://stella-sports.jp/

犬と一緒に泊まれる宿泊施設で、近くには清流が流れており川下りの体験も可能です。コテージタイプのグランピングではなく、ドーム型のテントでもグランピングができます。

夕食は西米良の素材をふんだんに使ったバーベキューを味わい、大自然をバックに贅沢な時間を楽しめます。

名所
住所宮崎県児湯郡西米良村大字村所125-12
TELTEL 0983-36-1305 / 不定休
チェックイン、アウトCheck in 16:00~ / Check out ~10:00
アクセス

ホテル ピコ ラナイ えびの高原(宮崎県:えびの市)

ホテル ピコ ラナイ えびの高原
引用:https://ebinokogenso.com/

外でグランピングをするか、ホテルの室内でグランピングをするか選べます。大自然の中で豪華なグランピングを体験でき、一張一張コンセプトを設けた内装本格派のテントを設置しています。

標高1200メートルの高原に立地しており、自然が広がっています。温泉もあり、全て源泉かけ流しの炭酸水素塩泉で、大浴場からは絶景が見られます。夕食には「宮崎牛」を始めとして、地元で取れた食材を使った食事を味わえます。

名所ホテル ピコ ラナイ えびの高原
住所〒889-4302 宮崎県えびの市大字末永1489
TEL0984-33-0161
チェックインcheck in-15:00 / check out-10:00
アクセス

南国宮崎グランピングリゾートOceansideRanch(宮崎県:宮崎市内海)

南国宮崎グランピングリゾートOceansideRanch
引用:https://www.oceansideranch.com/

OceansideRanchには南国宮崎の太陽と海、自然を感じられる空間があります。宿泊施設は、大自然との関わりをデザインしており、地形に合わせてとてものを配置しています。

夕食ではアメリカン・ビーフを食べるコースや、宮崎育ちの都萬牛ステーキ、ウインナー、鶏肉を食べるコースがあります。都萬牛ソーセージは希少であるため、提供できない場合は代替品になります。

名所
住所〒889-2301 宮崎県宮崎市内海大字大園7994-1
TEL070-2434-1173(AM9:00~PM10:00)
チェックインCHECK-IN 15:00-
アクセス飛行機・羽田空港から宮崎ブーゲンビリア空港まで95分・空港から25分(約20km)車・宮崎自動車道「宮崎IC」から25分(約20km)

宮崎のグランピングでよくある質問

ペットを連れていけるグランピング施設はありますか?

「OceansideRanch」、「STELLA SPORTS」の施設になります。

カップル向けのグランピング施設はありますか?

「OceansideRanch」、「STELLA SPORTS」の施設になります。どちらも、海や川のアクティビティがあるので、楽しい思い出を作れるはずです。

宮崎でグランピングを体験しよう!

宮崎のグランピング施設を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

夕食には宮崎牛を食べれたり、マリンスポーツを楽しめたり、宮崎の都萬牛を食べれるなど、様々な楽しみが各施設にありましたね。

宮崎でグランピングをしたいと考えている方は、楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次