岩手県のグランピング3選!【カップル向けやペット持込み可能な施設】

岩手,グランピング

岩手でグランピングをしたいけど、どこに施設があるかわからない

こんな疑問に答えます。

岩手にはグランピング施設が4つあります。数が多くて、どこが良いのか分かりづらいですよね。そこで、本記事で岩手のグランピング施設をまとめています。

グランピング施設を決めるときに、参考にしてみてください。

目次

岩手でグランピングをする魅力

岩手は大自然に囲まれており、山地や渓流が多く、自然を満喫することができます。特に、紫陽花などの花が見られる秋には特に訪れる人が多いです。また、岩手は雪が多い地域です。グランピングをすることで、雪を楽しむことができます。スキーやスノーボード、スノーシューなど近くにできるところがあれば、グランピングと一緒に楽しめますね

岩手のグランピング施設3選

安比の森グランピング

引用:https://www.appi.co.jp/glamping/
  • ペット持込み可能な施設
  • テントサウナも体験可能
  • シェフがご飯を用意

自然に囲まれた安比高原でグランピング体験が可能です。宿泊するテントも大きく広々とした空間の中でアウトドアを楽しめます。BBQもランクが高く、シェフが準備してくれます。愛犬と一緒に泊まれますし、レンタルすればテントサウナも楽しめます。

サウナはロシアのサウナブランドのテントを導入しています。世界最高熱とも言える機能性や初心者でも扱いやすい構造が魅力的なテントです。安比高原の広大な自然の中での外気浴でととのいましょう!

東北最大級の露天風呂である「安比高原白樺の湯」入浴券(※入浴税別)付いているで、温泉に入れます!

名所安比の森グランピング
住所
チェックイン・アウトチェックイン 14:00〜
チェックアウト 10:00
電話番号
アクセス

6月~10月までの営業

\ 愛犬と泊まれる! /

雫石プリンスホテル

引用:https://www.princehotels.co.jp/shizukuishi/restaurant/princewhite/

グランピング料理を味わえるホテルです。ドームテントに宿泊するのではなく、岩手の伝統料理など食べ放題の和洋ビュッフェを味わえます。店内でグランピング感を楽しめる空間と料理が用意されています。

名所雫石プリンスホテル
住所岩手県岩手郡雫石町高倉温泉 2F
電話番号
アクセス

岩手の名湯 侍の湯 おぼない

引用:https://yudabase.obonairyokan.com/
おぼないの特徴
  • 1日1組限定のグランピング施設
  • 座敷わらしに会えるかも?

1日1組限定のグランピング施設です。焚き火やBBQ、ギター、ペットと遊べます。一泊2食付きで楽しめるため、なんの準備もいりません。春から秋はBBQ、冬は鍋、朝食はピクニック風のご飯が用意されています。アメニティも充実しておりタオルやドリンクはもちろん、ランタンやキャンドルもあります。

運営しているのが岩手の昔からある宿「おぼない」で、金田一温泉という有名な温泉にも入れます。金田一温泉は岩手に伝わる妖怪の座敷わらしが全国的に有名で、旅館に泊まれば座敷童子に会えるかもと評判です。グランピングは旅館と別施設になりますが、興味があれば旅館の方に泊まってみると面白いかも知れません。

名所岩手の名湯 侍の湯おぼない旅館
住所〒028-5711岩手県二戸市金田一湯田43-5
電話番号0195-27-2221
アクセス

\ 1日1組限定のグランピング /

岩手のグランピングでよくある質問

ペット持込み可能な施設は?

安比の森グランピング

カップル向けの施設は?

安比の森グランピング

岩手でグランピングを楽しもう

岩手でグランピングを体験できる施設を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?岩手で気になる施設を見つけれたら、ぜひ言ってみてくださいね!

楽しい思い出を作れるはずです!

岩手の安いグランピングを探したい方

岩手で料金の安いグランピングを探すのは、楽天トラベル、じゃらんの2つから探せます!

楽天経済圏の方はココから!

楽天トラベル
クリックで「岩手」「料金が安い順」で表示されます
この記事のまとめ
  • 「安比の森グランピング」はペット持込み可能!
  • 金田一温泉の旅館は座敷わらしが出ることで有名!

岩手にもたくさんグランピング施設はあるけど、他の県にもあるから気になったら見てみてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アウトドアが大好きなサイト運営者です。サイトに来てくれた方が、グランピングで良かったと思えるように運営しています。

コメント

コメントする

目次